スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今後期待する発売予定作品の紹介(>_<)

任天堂3DSが25000円から15000円へと勝負の値下げをして、6倍強に売上が上がった今日この頃。
もう8月半ば過ぎですよ(^_^;)
今年も残り4か月あまり、そんな残りの時間を有意義に過ごすための作品を紹介したいと思います。


まず一つ目の作品は…
9月22日に発売する、XBOX360用ソフト「ギアーズオブウォー3」です。
言わずと知れた「ギアーズオブウォー」シリーズの最新作で、シリーズ完結作です!!
XBOX360のみで販売されていて、PS3には移植されていません。
しかしその完成度は素晴らしく、今までとは一線を引くTPS(三人称視点シューティング)作品です。
重量感のあるキャラクターたちの動きと、銃撃戦での爽快感がたまらなく、またストーリーが「ギアーズオブウォー2」からより濃厚になり止めるタイミングがないぐらいにのめり込んでしまう作品です。
作品の世界観ですが、地球とは違う「惑星セラ」という星を舞台にし、突如地下から襲ってきた謎の知的生命体「ローカスト」と人類との壮大な戦いの話しです。

グラフィック的に少しグロイ描写があるので18歳以上しか購入できませんが、作品は本物で、この作品のためだけにXBOX360を購入してもいいぐらいの面白さです。
その作品の完結作と聞いて、注目しない人はいないでしょう。
XBOX360を持っている方は是非だまされたと思ってプレイしてみてください<(_ _)>
損はしないと思いますよ。



では二つ目の作品を紹介したいと思います。
それは、PS3・XBOX360用ソフト「アーマードコアV」です。
「アーマードコアV」は残念ながら、2011年10月20日発売だったのですが2012年1月に変更されました↓。
βテストの影響での延期らしいのですが、個人的にはかなり残念ですね。
(βテストの応募も落ちたし(>_<))
でも、より良い作品になるのなら仕方がないことですね。

「アーマードコア」シリーズはロボットアクションゲームの最高峰の作品で、その最新作が「アーマードコアV」です。
プレステ時代から続き、多くの「アーマードコア」作品が販売されてきました。
個人的にはプレステの「アーマードコア マスターオブアリーナ」とPS3の「アーマードコアフォーアンサー」が最強ですね!!特にストーリー的に!!!!

今作の「アーマードコアV」は『5』に位置づけされる作品で、オンラインを重視しており最大5人のチームを組み、そのうち1人がオペレーターとなり侵攻作戦を行っていきます。
また、シングルプレイのストーリーも充実している様子で、十分1人でも楽しめると思います。
それに伴い世界観が一新し機体のスケールが今までの10メートルから5メートルに変更しています。そのため、戦車などの雑魚が今作では十分強敵になると思います。
他にも、「オーバードウエポン」という新システム(武器)が導入されます。
以前には「オーバードブースト」というシステムが導入されていますし、それを参考にするなら爆発的な攻撃力を放つ代わりに熱量が急激的に上がる?行動に一時的に制限がかかる?
…とかかな?
なにはともあれ、戦術に大きな影響を与えるシステムだということは明白ですね。

これ以上発売が延期されないことを祈りながら待ちましょう<(_ _)>



それでは三つ目の作品を紹介したいと思います。
それは…
PC・PS3・XBOX360用ソフト「バトルフィールド3」です。
11月2日に発売予定で、「バトルフィールド」シリーズの最新作です。

こちらは知らない方も多いかと思います。
もともと初期の「バトルフィールド」はPC(パソコン)版のみで2002年に販売されていて、私は職場の先輩のすすめでPC版の「バトルフィールド2」からハマりました(>_<)

この作品は、いわゆる戦争ゲームのFPS(一人称視点シューティングゲーム)で、いろいろな時代(未来もありました)を舞台にしていて、あまりFPSの戦争ゲームはやらない私が唯一激ハマりした戦争ゲームです。
他の戦争ゲームと違い操作自体は簡単な方だと思います。
その為実力が如実に出てしまうようで、すぐにキルされてしまいました。
しかし、プレイすればするほどハマっていき、いつの間にか時間を忘れてプレイしていました。
あとで友人に聞くと「バトルフィールド」はサポートシステムが他の戦争に比べるとほぼ無く、難しい戦争ゲームに分類されるようです。

そのあとに、初のPS3・XBOX360版バトルフィールドである「バトルフィールド バッドカンパニー」が発売しました。
これまで「バトルフィールド」にはストーリーは存在しなかったのですが、この作品から1人プレイ用のストーリーが導入されました。
そのストーリーが、めちゃくちゃ面白かったんですよ(>_<)♪

落ちこぼれたちが集まったチームの、シリアスな戦場でのおバカなやり取りや意外にしっかりしたストーリーなんかが、今までの戦争ゲームには無い味があり高評価でしたね。
その後、ストーリーの続編である「バッドカンパニー2」が発売しました。

どちらも、もともとの「バトルフィールド」の面白さであるオンライン対戦もしっかりあり、PS3・XBOX360とパソコンより手軽にオンラインに入れたと思います。

今度発売する「バトルフィールド3」は1人プレイに重点を置いた「バッドカンパニー」寄りではなく、今までのオンライン対戦重視の作品になると思います。
ただ、今作は「ただのリアルやん」と思ってしまうほどのグラフィックとクオリティーで、配信中の動画を観て感動したぐらいです。




このほかにもたくさん紹介したい作品はあるのですが、今もっとも欲しいゲーム作品として、この3作品に絞らせていただきました。
ぜひ、興味を持たれましたら調べてみたり、現在販売されている旧作品をプレイしてみるのも面白いと思います。
スポンサーサイト

PSP「勇者30Ⅱ(セカンド)」発売!!

8月4日に発売されたPSP用ソフト「勇者30Ⅱ(セカンド)」がついに発売しました!!
勇者30Ⅱセカンド

09年5月28日に発売された「勇者30」の続編で、前作よりもストーリー重視の作品になっています。
ストーリーも「勇者30」のその後の話しを描いてあり、女神歴500年で完結した前作から100年後の女神歴600年から始まります。
今作はすべての主人公が勇者の血筋で、前作のようなシューティング要素などのそれぞれのストーリーによってゲームシステムが変わることはなく、すべて前作のメイン同様のRPGのみで進んでいきます。

ただ今作ではフリーの時間が設けられていて、レベルの底上げやアイテム入手などが可能になっています。

やはりストーリー重視だけあって、謎めいているところやキャラクターの繋がりの謎を秘めたまま話しが進んでいくところもあり、勇者30にしてはかなり頑張ったストーリーになっていると思います。


私は7割ぐらいまではストーリーを進めたのですが、やはり前作を超えれていない感じは否めないですね。
今作が悪い訳ではなく、純粋に面白い作品だと思いますが…
数種類のゲーム要素が存在した前作は『飽きる』という感情を与えずにストーリーを進められ、さらにストーリーの薄さが逆に30秒でボスを倒すというコンセプトにバッチリハマっていました。
前作が『神』過ぎたんですね(^_^;)

まだ、セカンドは完全にクリアしていないので、ここで評価するのは間違っていますね↓
今作も十分面白いですよ。面白くなかったら発売して間もないのに7割もストーリー進めませんからね(>_<)

ライトノベル「僕と彼女のゲーム戦争」

ゲーム内容ばかりの私のブログにしては珍しいと思いますが、今回は小説(ライトノベル)「僕と彼女のゲーム戦争」を紹介したいと思います。
僕と彼女のゲーム戦争

この小説は、よくある学園モノのライトノベルです。
最近ほんとに増えたライトノベルから、なぜこの作品を選んだかと言いますと…

この「僕と彼女のゲーム戦争」にはいくつかのゲーム作品が実名で出ており、題名からも分かると思いますが主人公がその実際に存在するゲーム作品をする話なのです。

この第1巻である「僕と彼女のゲーム戦争」で登場する作品は…
1.PS3「アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団」
2.ファミコン「スペランカー」
3.XBOX360「ギアーズオブウォー(1)」
…というかなり有名どころを取り上げています。

著作権とかは大丈夫なのか?
と心配になってしまいますが、そんなことは考えずに読んでみてください<(_ _)>

元々ゲーム会社で働いていたゲーマーが小説家になった作品ですので、ゲーマーのイメージを崩さず、また変な回りくどい表現などないのでスゴく読みやすい作品だと思います。

機会がありましたら読んでみてください(^_^)

「パンドラの塔」Sエンディング

Wii用ソフト「パンドラの塔」の一周目をクリアしてから少したったのですが、時間を作って頑張って親密度マックスのエンディングを攻略しました。


クリア後は4分割されたポイントからスタートできます。
親密度や装備・レベルなどは継続されます。

親密度を上げ下げできる最後の分岐点からスタートし、会話で親密度を上げるのはかなり時間がかかるので、アイテムをプレゼントして上げることにしました。
しかしその為にはお金が必要なので、ダンジョンを攻略しながらセッセと貯めていきました。
ひたすらにプレゼントの嵐で、中にはイベントを発生させるプレゼントもありましたね。
そのおかげで親密度はマックスになりました。

しかし、このまま再ボス戦を何戦かしなければいけないのか・・・
と思っていたら、
なんとタイトル画面からロードする際にキャプチャー選択が可能で、ラスボス前からスタートできたんですよ(>_<)♪
良かった~

親密度マックスだと、ラストのエンディングが変わるのではなく、ラスボス戦前から変化がありました。
謎のおばさん「グライアイ」がラスボス戦に駆けつけたり、謎にせまる解説などもしてくれます。
また、ラスボス戦の最後の攻撃が一つ増えたり攻撃の演出が若干変わっていました。
他にも、ラスボスからセレスを助けた後、ラスボスに追いかけられるイベントも追加されていました。
そして無事攻略しエンドレールが流れ終わると、隠されていた謎やその後の話が流れて、晴れて完全攻略できます。

この作品の世界観はかなり深く、しっかり作りこまれていることを改めて知らされました。
正しく名作と呼べる作品でしょう。

PSP「ダンボール戦記」攻略

2011年の6月16日に発売されたPSP用ソフト「ダンボール戦記」をクリアしました。
正直、クリアしたのは1か月以上前なのですが(^_^;)
紹介させていただきます。
ダンボール戦記


はじめは購入する予定ではなかったのですが、今年の3月?ごろから放送開始していたアニメ「ダンボール戦記」を観ていて購入を決めました。

このゲームやアニメを提供している「レベル5」は最近よく耳にすると思います。
元々は大手ゲーム会社の下請け会社だったのが、DS用ソフト「レイトン教授」で有名になりましたね。
そして、ゲームとアニメの連動に新しい流れを築いたのがDS「イナズマイレブン」です!!

今まではゲームが流行ってアニメ化したり、逆にアニメからゲーム化することはよくあります。しかし「レベル5」の連動はゲーム開発とアニメ制作が同時に行われているんです。
この連動は過去にもありましたが、なぜ「イナズマイレブン」ほどヒットしなかったかと言うと、ゲームの雰囲気や内容とアニメがかけ離れていたからです。
だから、作品にハマっても「ゲーム派」「アニメ派」に分かれてしまいます。

しかし「レベル5」の提供した作品は、そのかけ離れた違和感を出来る限り無くした作品でした。
その結果アニメもゲームも全く同じストーリーの作品になりました。
正直アニメ観たらゲームいらないし。ゲームプレイしたらアニメ観なくてもいいんじゃね?
と、なりそうですが…
その逆になったんですよ。
ゲームにハマった人がアニメを観て、アニメを観てハマった人がゲームを買うという相乗効果が生まれました。

ゲームはゲームとしての面白さに魅力があり、アニメはストーリーの細かい部分の表現をして、そのうえゲーム内の雰囲気はまったく同じな為、
ゲームをプレイしていてもアニメを楽しめ、アニメを観ていてもゲームを楽しめるんです。


その第2弾である「ダンボール戦記」にハズレは無いでしょ(>_<)!!

アニメ放送が先だったので、暇つぶしにアニメを観ていたら、今のアニメに多い奇想天外な展開や裏の裏をかくストーリーなどは全然ないのですが、王道な盛り上がり方やストーリーが面白く深く考えずに純粋に楽しめる内容だったんです。
それに興味が湧きPSP「ダンボール戦記」を購入しました。

まぁ、これがハマりましたよ~(^_^;)
アクションゲームとしても面白かったのですが、一番テンションが上がったのは、アニメのストーリーを越して知らない展開に突入したところからですね!!
主人公などが新しい機体を手に入れたりする感動なんかはたまりませんでしたね(>_<)♪

気づけば仕事で忙しいのに2~3週間でクリアーしてしまいましたよ。
そのうえ、クリアしてストーリー知っているのにアニメも観ています。

子供のころに少し戻れるような作品です。
20代後半~30代頭の男性の方なんか、ハマると思いますね<(_ _)>
おススメ&注目作品
ここから購入出来ます ↓クリックしてね(*^_^*)

↑Xbox 360 シュタインズゲート(通常版)


↑シュタインズ・ゲート 公式資料集


↑カオスヘッド&シュタインズ・ゲート 科学アドベンチャーシリーズ マニアックス [大型本]


↑機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) 3 [Blu-ray]

個人的おすすめランキング 2009年(^O^)/
☆10.0 ランキング第一位
↑PSP 勇者30



☆9.5 ランキング第二位
↑バルドスカイ Dive2 "RECORDARE" 初回版
(発売中 在庫あり)※18歳禁


↑バルドスカイ Dive1 "LostMemory" 通常版 (18歳未満購入禁止)



☆9.0 ランキング第三位

↑DS グランド・セフト・オート: チャイナタウン・ウォーズ[18歳以上のみ対象]



☆8.5 ランキング第四位

↑PSP モンスターハンターポータブル 2nd G

FC2ブログランキング
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アクセスカウンター
あなたは
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
PS2 (3)
Wii (8)
DS (9)
月別アーカイブ
プロフィール

鷹P~

Author:鷹P~
ゲーム大好きなダメ人間です。

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。