スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ランキング外・上位(☆8.0~7.0)発表(*^_^*)

去年の最後に発表した2009年個人的ゲームランキングの選ばれなかったランキング外の作品を、評価順に全てコメント付きで評価してみました<(_ _)>
今回は最後になる上位を発表します。
※最大☆10.0で評価しています。また、この評価はあくまでも私の独断と偏見ですので悪しからず。


☆8.0「オーディンスフィア(PS2)」2007/5/17発売
オーディンスフィア-1
オーディンスフィア-3
オーディンスフィア PlayStation2 the Best(←こちらから購入出来ます)
絵本の中のキャラクターが動いているような独特のグラフィックスの、横スクロールアクションゲームです。
操作性も難しくなく、また、主人公キャラも5人おり、キャラ別の武器を使用しそれぞれ違う戦い方が楽しめます。
内容もそれぞれのストーリーが最後の終焉へと絡み合いながら繋がっていきます。
終焉という絶望から生まれる悲しみと悲劇に翻弄されながら、主人公達の懸命に生きる物語は、とてもドラマチックな内容になっていました。


☆8.0「アーマードコア フォーアンサー(PS3)」2008/3/19発売
アーマードコア フォーアンサー1
アーマードコア フォーアンサー3
アーマード・コア フォー アンサー PLAYSTATION 3 the Best(←こちらから購入出来ます)
アーマードコアシリーズのPS3用ソフト第二弾で、アーマードコア4の続編。
4のその後のストーリーを描いており、前作の主人公(プレイヤー)やキャラが登場するなど繋がりも多く、また、ストーリー展開もマルチエンディングにより、より深いストーリー性になっています。
ストーリー以外のも注目すべき点は、操作性やグラフィックなどのシステムの一新により前作と違い分かりやすく、また、初代アーマードコアを彷彿とさせる感覚が初心者でも扱いやすい操作性になっています。


☆8.0「FF7クライシスコア(PSP)」2007/9/13発売
クライシスコア1
クライシスコア2
アルティメットヒッツ クライシスコア -ファイナルファンタジーVII-(←こちらから購入出来ます)
マルチに広がるファイナルファンタジー7(FF7)のスピンオフ作品の一つ。
FF7へと繋がるサイドストーリーを描いており、FF7の主人公クラウドや宿敵セフィロスと深い繋がりを持つ「ザックス」を主人公に話は進みます。
戦闘システムは、いまいち分かりにくく楽しさに欠けますが・・・それ以上にストーリーが良い!!FF7を知っている方は感動すること間違いなしです。


☆8.0「ギアーズオブウォー2(Xbox360)」2009/7/30発売
ギアーズオブウォー2-1
ギアーズオブウォー2-2
ギアーズ オブ ウォー 2 リミテッド エディション(初回限定版:「アートブック」&「ボーナスディスク」&「ダウンロードコード:金色のランサー アサルトライフル」他、同梱)【CEROレーティング「Z」】(←こちらから購入出来ます)
ギアーズオブウォーの続編。主人公は「マーカス」と前作と同じで、その後の戦いを描いています。
「ローカスト」の人語を流暢に話す女王が登場したり、生態の謎やメインキャラにより視点を置いたストーリーになっていて、前作よりもギアーズオブウォーワールドを深く楽しめました。
戦闘は前作とほぼ変わらずシンプルな操作性で、重量感のある爽快な銃撃戦が楽しめ、また、随所にある壁や物などに隠れながら相手の隙をつき敵を追い詰めていくのも、この作品の特徴です。


☆7.5「ギアーズオブウォー(Xbox360)」2007/1/18発売
ギアーズオブウォー
ギアーズ オブ ウォー(通常版)【CEROレーティング「Z」】(←こちらから購入出来ます)
惑星セラという人類が繁栄した世界が舞台になっており、知能と高い技術を有した「ローカスト」と呼ばれる謎の生物が地底より人類の根絶やしを開始し、人類は存続をかけた戦い余儀なくされていた…。伝説的軍人である「マーカス」を操作し、ローカスト殲滅をかけた戦いに身をゆだねる。
ゲーム内で登場する武器や兵器など独特のデザインでかっこいいです!!また、登場キャラなどもゴツい感じでシビれますよ!!!ですが、グロいシーンなどが多く、Z指定(18歳以上)になっています。他にも、オンラインプレイも出来、対戦以外にも協力プレイが楽しめます。


☆7.5「バトルフィールド・バッドカンパニー(PS3)」2008/8/28発売
バトルフィールド・バッドカンパニー(2)
EA BEST HITS バトルフィールド:バッドカンパニー(←こちらから購入出来ます)
PCゲームとして有名な「バトルフィールド」シリーズの最新作。
プレイヤー視点の戦争ゲームです。似たようなゲームは多数存在しますが、なぜかバトルフィールドにはハマってしまいました。操作性も難しくなく、気軽にオンラインで多くのプレイヤーと戦えます。また、以前までのバトルフィールドはオンラインプレイメインだったのですが、今作は1人プレイのストーリーがしっかり存在します。


☆7.0「カオスヘッドノア(Xbox360)」2009/2/26発売
カオスヘッドノア
CHAOS; HEAD NOAH(カオスヘッドノア)(通常版)【CEROレーティング「Z」】(←こちらから購入出来ます)
「科学ノベル」という新ジャンルの第一弾です。
世間では鬱ゲーと呼ばれる、プレイしているとプレイヤーが鬱になってしまいそうな悲しいストーリーの作品です。妄想&ネガティブな引きこもり主人公が謎の殺人事件に関わっていくという内容なのですが・・・グロテスクなシーンもいくつかあり、Z指定(18歳以上)になっています。
主人公が可哀相なぐらい裏切られ、あらゆる他人の行動に疑心暗鬼になっていく様は、ネガティブな方にしか分からない感情を上手く表現しており、共感できるシーンが多く出てきました。この苦痛にも似た試練を乗り切った先に生まれる、爆発的な主人公のカッコよさは正にニトロです。ストーリー展開も良く練られており、謎が謎を呼び先が読めない深い内容になっていました。
ただ、残念ながらストーリーが長すぎるし、この作品の面白さが分かる前に精神的にギブアップしそうな内容なので、点数は低めにしました。好き嫌いが分かれる作品。


☆7.0「God of War [ゴッドオブウォー](PS2)」2005/11/17発売
God of War
ゴッド・オブ・ウォー コレクション(←こちらから購入出来ます)
シリーズの第一作目。
なんと言ってもギリシャ神話を題材とした独特の世界での、主人公の豪快な暴れっぷりですね。
主人公「クレイトス」のカッコよさが引き立つ演出と、さほど難しくない操作性で、敵を次々に倒す爽快感を味わえます。


☆7.0「GTA4[グランセフトオート4](PS3)」2008/10/30発売
グランセフトオート4
グランド・セフト・オートIV PLAYSTATION 3 the Best【CEROレーティング「Z」】(←こちらから購入出来ます)
GTAシリーズの最高峰。
初のPS3用ソフトで、何と言ってもグラフィックがリアルと間違えるぐらいの完成度。なので、ただ単にドライブしたり、夕焼けを見に行ったりするだけでもOKなんです。
また、GTAの良さである自由度も高く、自由度と言うよりリアル過ぎる内容で、メインのミッション以外でも十分楽しめます。ただ、ストーリーが長すぎで、飽きちゃうかもしれません。


☆7.0「勇者のくせになまいきだ(PSP)」2007/12/6発売
勇者のくせになまいきだ
勇者のくせになまいきだ。 PSP the Best(←こちらから購入出来ます)
勇者を倒すのがこの作品の目的です。
少し変わったゲームシステムで、地下を掘り進んでダンジョンを形成しながら魔物を育成していきます。そこに入ってきた勇者を育成した魔物がオートで戦っていき、倒すとクリアーになるんです。多種多様の魔物が存在し、育成の仕方で強い魔物を生み出すことも可能です。
シンプルなのに奥深く何度プレイしても楽しいので、暇つぶしに最高のゲーム。


☆7.0「流行り神ポータブル(PSP)」2005/12/15発売
流行り神ポータブル
流行り神 ポータブル 警視庁怪異事件ファイル The Best Price(←こちらから購入出来ます)
現在「流行り神3」まで出ているシリーズの原点です。
警察官である主人公が、常識では解明できない事件を科学目線とオカルト目線で解決していくアドベンチャーゲーム。それぞれの事件が科学ルートとオカルトルートでシナリオが分岐し結末が異なる。
それぞれのルートではないと明かされない謎や、主人公の裏で存在する謎の組織など、奥深い世界観になっています。科学とオカルトの絶妙なバランスで完成度の高い作品です。


☆7.0「ミニ四駆DS」2009/12/17発売
ミニ四駆DS
ミニ四駆DS(←こちらから購入出来ます)
ミニ四駆のシュミレーションゲーム。
かなり完成度が高く、歴代のシャーシ&ボディから最新のモノや多くのパーツを収録されていて、リアルでミニ四駆をイジっているかのような細かさです。
ただ、ミニ四駆をあまり知らない方には、全く何をやってどうしたら良いのか分からなくなる作品でもあります。詳しくは下の過去の記事からどうぞ。
ミニ四レーサー(ミニ四駆ファン)必見(^◇^)!!2009-12-09更新
ミニ四駆DS攻略中(>_<)2010-01-05 更新


上位で発表した作品は全てお勧め出来る作品です。是非機会がありましたらプレイしてみてください。
また、これら以外に、皆様がお勧めする作品がありましたら、今後の購入の参考にコメントなどに載せていただけるとありがたいです<(_ _)>
スポンサーサイト

ランキング外・中位(☆6.5~6.0)発表(^◇^)

去年の最後に発表した2009年個人的ゲームランキングの選ばれなかったランキング外の作品を、評価順に全てコメント付きで評価してみました<(_ _)>
今回は前回の続きの中位の発表をします。
※最大☆10.0で評価しています。また、この評価はあくまでも私の独断と偏見ですので悪しからず。


☆6.5「ニュー・スーパーマリオブラザーズ・wii」2009/12/3発売
New スーパーマリオブラザーズ Wii
ニュー・スーパーマリオブラザーズ・Wii(←こちらから購入出来ます)
マリオシリーズの最新作。
横スクロールの代表的なスーパーマリオに、Wiiの特徴であるリモコンを動かし行うアクションや、アイスマリオやプロペラマリオなどの新パワーアップの追加。他にも、最大4人まで同時プレイ可能など新しいマリオワールドを築きました。
しかし、プレイヤーの代わりにクリアーしてくれる「おてほんプレイ」や全体的に難易度が低いなどライトユーザー向けに作られており、物足りなさが目立ちました。


☆6.5「朧村正[おぼろむらまさ](Wii)」2009/4/9発売
朧村正
朧村正(特典無し)(←こちらから購入出来ます)
Wiiでは珍しく、お勧めできる一人プレイの作品です。手描き風の独特のグラフィックで、妖怪や神などが登場する和風の世界観で二人の主人公が戦っていくストーリーです。横スクロールのアクションゲームで、簡単な操作性とサクサク敵を斬っていく爽快感が味わえます。刀を変えることにより技や攻撃力が変わりっていき、多くの妖刀や名刀が登場します。
ただ、全くWiiの機能は関係なく…Wii以外の機種でもいいんじゃないか?…て感じでした。


☆6.5「ゴッドオブウォー2(PS2)」2007/10/25発売
ゴッドオブウォー2
ゴッド・オブ・ウォー コレクション(←こちらから購入出来ます)
前作の続編で、前回と同じ「クレイトス」が主人公です。今作も基本は同じですが、前作に無かったアクションなどが増えています。ただ、ストーリーが「次回作に続く・・・的な」感じで途中で終わっており、少しガッカリな気分でした。


☆6.5「ポイズンピンク(PS2)」2008/2/14発売
ポイズンピンク
POISON PINK ポイズン ピンク(←こちらから購入出来ます)
ダークファンタジーのシミュレーションゲームです。
主人公は複数存在し、魔と精霊が存在する世界で、獄界ベセクを舞台にそれぞれが最深部を目指すストーリーです。主人公によって展開・結末が異なり、全ての主人公をクリアーすることにより謎が明かされていく奥の深いストーリー性です。戦闘キャラは、メインキャラ以外に捕えた魔人も使用可能。


☆6.5「ICO[イコ](PS2)」2001/12/6発売
ICO.jpg
ICO PlayStation 2 the Best(←こちらから購入出来ます)
名作と呼ばれる作品。
ほぼキャラクターの会話やセリフが無く、プレイヤーが見て操作し、世界観を感じ取る内容になっています。また、主人公イコが謎の少女ヨルダの手を引いて謎解きダンジョンを進んでいく、今までにはない作品です。


☆6.5「レジスタンス2(PS3)」2008/11/13発売
レジスタンス2
RESISTANCE 2(レジスタンス 2)(←こちらから購入出来ます)
「レジスタンス」の続編。
ストーリーも「レジスタンス」のその後から始まっており、主人公も同じ。ただ、前作とは違いストーリー重視になっており、会話シーンのなどのムービーがあり。また、前作では人間味の無かった主人公が人間らしい姿をみせたり、サブキャラクターも登場するなど人間模様も描かれています。
戦闘シーンは前作と大きな違いはほとんど無く、新武器や追加アクションがいくつか増えた程度でした。


☆6.5「アーマードコア4(PS3)」2006/12/21
アーマードコア4
アーマード・コア 4 (The Best Collection)(←こちらから購入出来ます)
アーマードコアシリーズのPS3用ソフト第一弾。
今までのアーマードコアの設定を一新し、新しいアーマードコアを作った作品でもあります。ストーリーでは、今まで取り上げることのなかったパイロットに視点を重視し、企業間の争いだけではなくパイロット間の立場や感情なども表現されていました。
また、スピード感あふれる戦闘もポイントの一つです。しかし、あまりにも操作性が難しく玄人向きで、マスターすれば今までに無い快感が得られますが・・・慣れない素人の方には厳しい作品です。


☆6.5「すばらしきこのせかい(DS)」2007/7/27発売
すばらしきこのせかい
すばらしきこのせかい(←こちらから購入出来ます)
現代の渋谷で主人公「ネク」が死を懸けた謎のミッションに強制的に参加させられ、生き残るために戦いに身を投じていく。少年・少女たちは死神やノイズと呼ばれる化け物と生死を懸けた戦いの中で翻弄されていく。
現代に独特のファンタジーのテイストを織り交ぜた斬新な世界観。また、画面にタッチすることにより技が発動し、多種多様の技を駆使し敵を倒していくアクションRPG。
スタート時点で全てが謎なので、ストーリー展開も飽きがこず、複雑に絡んだ世界観も面白いです。


☆6.5「ピクトイメージDS(DS)」2007/9/27発売
ピクトイメージDS
ピクトイメージDS(←こちらから購入出来ます)
ランキング唯一のパーティーゲームです。
DSのタッチペンでイラストを描いて楽しむゲームです。友達同士でイラストでの伝言ゲームや、誰かが描いた絵を当てるゲームなど、誰にでも楽しめ、少し絵心の無い方が盛り上がります。
ソフト一本あれば最大8人まで楽しめます。これが有れば1~2時間は飽きずに盛り上がること間違いなしの作品です。


☆6.0「機動戦士ガンダム戦記(PS3)」2009/9/3発売
機動戦士ガンダム戦記
機動戦士ガンダム戦記(←こちらから購入出来ます)
ファーストガンダムの一年戦争後の話しを舞台にしたロボットアクションゲームです。
地球連邦軍とジオン公国軍の二つの視点から主人公を選べ、それぞれの視点でストーリーは進んでいきます。アクション自体もアーケードと違い、多くのアクションが操作可能で、ガンダムゲームとしては優良だと思います。
また、多数のモビルスーツも登場し、オリジナルのモビルスーツもかっこいいです。ただ、ミッション内容が単調でスグに飽きてしまします。ストーリー展開のあるミッションや室内の戦闘など、多くのシチュエーションがあればもっと良かったと思います。


☆6.0「勇者のくせになまいきだor2(PSP)」2008/10/16発売
勇者のくせになまいきだor2
勇者のくせになまいきだor2 PSP the Best(←こちらから購入出来ます)
「勇者のくせになまいきだ」の第二弾です。
基本は変わらず、岩を削りダンジョンを作ると共に魔物を育てて勇者を倒すゲームです。しかし、前作より新モンスターが増え、シンプルの中にある奥深さが良かったのに、複雑になってしまい良さが薄れてしまったように感じました。


☆6.0「みんなのスッキリ(PSP)」2009/10/1発売
みんなのスッキリ
みんなのスッキリ(←こちらから購入出来ます)
「みんなのゴルフ」などの「みんなの」シリーズの挑戦作。
全12種類の、簡単操作でプレイしてスッキリするミニゲームを収録しています。少しの飽き時間でプレイできる手軽さで、暇つぶしには最適です。また、プレイする方によってツボは違うと思いますが、ハマりやすく癖になる面白さです。


次回は上位を載せます<(_ _)>

ランキング外・下位(☆5.5~&その他)発表(^-^)

去年の最後に発表した2009年個人的ゲームランキングの選ばれなかったランキング外の作品を、評価順に全てコメント付きで評価してみました<(_ _)>
一度に全ては表示出来ないので、ランキング外の上位・中位・下位と三つに分けて発表します。
※最大☆10.0で評価しています。また、この評価はあくまでも私の独断と偏見ですので悪しからず。


☆5.5「レジスタンス(PS3)」2006/11/11発売
レジスタンス
RESISTANCE(レジスタンス)~人類没落の日~ PLAYSTATION 3 the Best(←こちらから購入出来ます)
キャラクター視点のシューティングアクションゲーム。
地下から出てくる知能を持った化け物と、生存を掛けた戦いをする。ストーリー展開がほとんど無く単調だが、化け物を銃でぶっ放す爽快感が味わえます。


☆5.5「メタルギアソリッド4(PS3)」2008/6/12発売
メタルギアソリッド4
メタルギア ソリッド 4 ガンズ・オブ・ザ・パトリオット PLAYSTATION 3 the Best(←こちらから購入出来ます)
メタルギアソリッドの完結作です。
今までの謎などが全て明かされ、スネークの呪われし遺伝子に決着をつける内容になっています。ただ、ストーリーメインになりすぎてムービーばかりで、メタルギアの楽しさであるステルスアクションのゲーム要素はオマケみたいな感じになっていました。
また、海外向けなのか?最後がだらだらと長過ぎでしたね。「そこまで見せなくても…」と思ってしまうシーンが多く、プレイヤー側が想像する楽しみを奪われてしまった感じがしました。


☆5.5「流行り神ポータブル2(PSP)」2008/8/7発売
流行り神ポータブル2
流行り神2 PORTABLE 警視庁怪異事件ファイル The Best Price(←こちらから購入出来ます)
「流行り神」の続編です。
基本は同じで、新キャラを追加し怪奇な事件を解決していきます。ただ、この新キャラが猛烈にムカつくキャラで、プレイ中邪魔でしょうがなかったです。
また、前作で謎だった組織や主人公を取り巻くキャラクターの秘密などが少しずつ明かされていったのですが…完全に続編である「流行り神3」に繋がる内容で、微妙な感じでした。他にも、事件解決全体が科学寄りで、面白味が半減していました。


☆5.5「モンスターハンター3[トライ](Wii)」2009/8/1発売
モンスターハンター3
モンスターハンター3(トライ)(通常版)(特典無し)(←こちらから購入出来ます)
言わずと知れた「モンスターハンター」シリーズの最新作。
初のWiiでの作品。基本操作は同じだが、ほとんどが新モンスターで水中フィールドが追加された。だが、武器の種類が減り、ボウガンは構造自体が一新されている。
オンラインをメインにしているため、一人プレイでは物足りなさを感じてしまう。また、オンラインでのクエストが下位だと種類が少なく飽きてしまう。トライでは上位から…なので、楽しむには初めは根気が必要。


☆5.5「ちびっこワギャンの大きな冒険(DS)」2009/1/29発売
ちびっこワギャンの大きな冒険
ひらめきアクションちびっこワギャンの大きな冒険(←こちらから購入出来ます)
レトロゲーム「ワギャンランド」の十数年ぶりの新作。
テイストは変わらず、横スクロールのアクションゲームからボス戦に突入すると、しりとりや神経衰弱などのミニゲームで対決する。かわいらしいキャラや敵など、ほんわかした世界観。
新アクションやタッチパネルを使用したシステムなど新要素を追加し、新しいワギャンワールドが楽しめます。


☆4.0「3Dドットゲームヒーローズ(PS3)」2009/11/5発売
3Dドットゲームヒーローズ
3D ドットゲームヒーローズ(←こちらから購入出来ます)
レトロRPGをドット絵のまま3Dにしたグラフィック無駄遣いの異色作。
一方的なストーリー展開や音声が無いキャラの会話など、笑えるぐらい精密にレトロRPGを再現しており、レトロならではの面倒くささなどもしっかり再現されていました。
一応アクションRPGで、戦闘はマップ上で剣を振り回したりし戦います。あと、歴代RPG史上最大の大きさにビックリです。ただ、ストーリー展開に波が無く、飽きてしまいました。


☆3.5「アイオブジャッジメント(PS3)」2007/10/25発売
アイオブジャッジメント
THE EYE OF JUDGMENT(アイ・オブ・ジャッジメント) BIOLITH REBELLION 機神の叛乱(←こちらから購入出来ます)
一言で言うと歴史に埋もれた残念なゲーム・・・ですね。
実際のカードをカメラで読み取り、リアルタイムで画面上のフィールドを取り合うカードゲームなのですが、ビックリするぐらい認知度が低くカード自体が出回らなかった為・・・画期的なゲームと言われていたのに、自然消滅してしまった。


☆2.0「俺たちのサバゲー(PSP)」2008/12/4発売
俺たちのサバゲー
俺たちのサバゲー PORTABLE(←こちらから購入出来ます)
私はサバイバルゲームに憧れて、エアガンを四丁所有しているので…この作品発売はかなり楽しみだったのですが、購入してスグに売ってしまいました。100種類以上のエアガン、200種類以上の服装・装備を選べ、最大4人までの通信対戦が可能…という、内容だったのですが、どうもアクションゲームとしての完成度が低すぎて…
上下の視点移動の操作難や、隠れたり見つかったりの緊張感が薄かったりと、私にはハマらなかった作品です。


☆2.0「ラストレムナント(Xbox360)」2008/11/20発売
ラストレムナント
ラスト レムナント Xbox 360 プラチナコレクション(←こちらから購入出来ます)
Xbox360では珍しい、正統派RPGとして発売されました。
レムナントと呼ばれる強力な力を秘めた謎の物質を軸にストーリーが進みます。世界観やキャラクターデザインなど、そそられる内容だったのですが…独特な戦闘システムがあまり理解できず、楽しさが分かりませんでした。ストーリーメインなのでそれは我慢できたのですが、ストーリーが楽しくなく売ってしまいました。
主人公とサブキャラクターとのサブストーリーが無く感情移入が出来ず、また、キャラ同士の仲良くなるエピソードが無いのに、いつの間にか仲良くなっているとか…見ていて違和感を感じてしまいました。


☆1.0「Fallout 3(Xbox360)」2008/12/4発売
fallout3.jpg
Fallout 3(フォールアウト 3) Xbox 360 プラチナコレクション【CEROレーティング「Z」】(←こちらから購入出来ます)
核戦争後の荒廃した世界を描くFalloutシリーズの三作目。
自由度の高さが受け海外でヒットし、ファミ通のゲーム紹介を見て購入してみたのですが…その自由度が仇に。
自由すぎてプロローグ終了後、何も分からないまま広いフィールドに放り投げられます。その自由度が良いらしいのですが大まかな道筋さえ無く、また、セリフの表示など分かりにくく私には楽しさが分からなかった作品です



☆未「ファイナルファンタジー13」2009/12/17発売
ファイナルファンタジーの最新作。現在プレイ中なので、点数を付けられませんでした。ただ、FF13はグラフィックがハンパないです!!もうゲームでは無いですね、あれは映画ですよ!!!肌の感じまでも再現された画像には度肝を抜かれました。
また、今までのFFとはテイストが変わっており、レベルが存在しない。戦闘はほぼオートで全体の方向性を指定し戦っていき、アクションゲーム並みのスピード感が味わえます。


☆未「流行り神ポータブル3(PSP)」2009/8/6発売
すみません。まだ、一割程度しかプレイしてないので評価できませんでした。



次回は中位を載せます<(_ _)>
※☆未はクリアーしましたら、コメントと共に評価したいと思います。

2009年個人的ランキング第一位発表!!!!!

今年も今日で最後ですね…
今年は世間的に、不景気と暗い話ばかりでしたね~(>_<)
ですが、せめて気分だけでも元気に行きましょう\(^o^)/

では、今年を締めくくるランキング一位を発表したいと思います!!

栄えある一位に輝いたのは・・・

☆10.0(←評価点数です)
「勇者30(PSP)」2009/5/28発売
勇者30表紙
…に決まりました(*^_^*)!!

評価は、なんと☆10.0の最高得点です!!
私がプレイした中で、☆10を付けたのは唯一この「勇者30」でした。

私がこの2~3年で一番ハマッたのは二位の「バルドスカイ」ですが、この「勇者30」は総合的に評価し一位になりました。
あまり知られていない作品ですが、実は隠れた名作で・・・また、今までに無い斬新な作品なのです。

グラフィックはドット絵を基調とし、レトロな感じがします。しかし、あえてドット絵にすることで、この作品の良さが引き立っていました。(綺麗ならいいと云う時代は終わった!!)
ストーリー性は深くは無いのですが、個性豊かで魅力的なキャラクターが織り成す、クスッとしてしまうギャグチックなストーリー内容になっています。
そして、なによりゲームシステムが面白い!?
題名でも出ているように「30」がポイントなのです。この「30」は30秒を意味しており、30秒でクリアーするというハイスピードゲームなのですよ。

この作品内には「勇者30」や「王女30」、はたまた「魔王30」など複数のゲームが存在します。また、「勇者30」は30秒でクリアーするRPGだったり、「王女30」は30秒でクリアーするシューティングだったりと一つに作品に多くのゲーム要素がギッシリ詰まっています。
ただ、30秒でクリアーするRPGと言われても、ピンとこないと思いますが・・・それがちゃんと30秒でクリアー出来るんですよ。
内容としては破滅の呪文を覚えたボスが呪文発動まで30秒かかり、それまでにザコ敵と戦い、レベルを上げて、貯めたお金で武器や防具などを揃え、時には町の住人の頼みを解決しながら、ボスを倒す・・というのを30秒以内にするんですよ。
戦闘時は自動で行われ、町や村の中では時間は経過しない。あと、お金が大好きな「時の女神さま」にお金を払うと時間を戻してくれたり・・・と、30秒でクリアーする手助けをしてくれます。(これは「勇者30」の内容で、他の「魔王30」などの内容とは異なります)
また、勇者や魔王などそれぞれ時代が繋がっており、100年ごとの大陸での話しなのです。
勇者30?
勇者30?
↑の写真が、足が速いだけが取り柄の勇者が活躍する、超速ロールプレイング「勇者30」です。

魔王30?
↑は、ナルシストの魔王が日焼けしたくないからと、夜明けまでの30秒で敵(何者かに操られた人間)を倒す、超速リアルタイムシュミレーション「魔王30」です。

王女30?
↑は、門限30秒という驚異的な箱入り娘の王女さまが、父である王様の病気を治す為に、家来を引き連れ薬草を探し回る超速シューティング「王女30」です。

騎士30
↑は、賢者さまがモンスターを全滅させる呪文が30秒かかり、それを騎士が命がけで守り抜く超速アクション「騎士30」です。

☆10.0になったポイントは上の多種多様なゲーム内容だけではなく、その気軽に出来るゲーム性&システムにもあります。
30秒という短い時間で完結してくれるおかげで、ちょっとした合間にも楽しめ、携帯ゲーム機であるPSPならではの場所を選ばないのもポイントとして大きいですね。
それでいて、シンプルなのに何度もプレイしてしまう後引く面白さと、繰り返しプレイしてしまう奥深かさがあります。

この「勇者30」誰にでもオススメできる作品だと思います。・・・ていうか、プレイしてみないと分からない面白さなのですが、プレイしたら必ず面白いと思うはずです。まだ、体験していない人は勿体ないですよ。(体験版がオンラインのプレイステーションストアでダウンロード可能です)

ちなみに、チョッと前のファミ通(ゲーム雑誌)に「もっと評価されてもいい作品」的なコーナーに「勇者30」も出ていました。

最後に、この「勇者30」はやり込むと「勇者3」という脅威の3秒でクリアーするRPGが出現します(^_^;)!?ちなみに私はクリアーしました~(^◇^)!!かなりシビアなRPGでしたよ(^_^;)

プレイしていない方は、是非買ってみてください<(_ _)>

2009年個人的ランキング第二位発表!!!!

さぁ、ついに二位発表です(^◇^)

その第二位に輝いたのは…

☆9.5(←評価点数です)
PCゲーム「BALDR SKY(バルドスカイ) Dive1」2009/3/27発売&「BALDR SKY(バルドスカイ) Dive2」2009/11/27発売
バルドDive1バルドDive2
になりました(*^。^*)!!

※Dive1 とDive2は二つで一つの作品としてくくらせていただきました<(_ _)>

この作品も三位の「GTAチャイナ」と同様、私のブログ内で取り上げさせていただきました。
詳しい内容などは↓の過去記事を見てください。
更新">・BALDR SKY Dive2”RECORDARE” 11月27日発売 2009/11/20更新
・BALDR SKY(バルドスカイ) Dive2 ゲット!!!! 2009/11/28更新
・「BALDR SKY(バルドスカイ)Dive2」プレイ開始(^◇^) 2009/11/30更新
・「BALDR SKY(バルドスカイ)Dive2」亜季編クリアー(>_<) 2009/12/03更新
・「BALDR SKY(バルドスカイ)Dive2」記憶遡行 2009/12/08更新
・「BALDR SKY(バルドスカイ)Dive2」真編クリアー(^◇^) 2009/12/14更新
・「BALDR SKY(バルドスカイ)Dive2」空編クリアー(^◇^) 2009/12/24更新

PCゲームとは思えない…いや、PCゲームだからこそ成せた名作だと思います。
家庭用ゲームではここまでの、一通りクリアーするだけで数十時間かかるストーリーは生み出せなかったはずです。ちなみに私のプレイ時間はDive1 とDive2二つで100時間オーバーでした(^_^;)

深く練られた濃厚ストーリーと、スピード感のある飽きのこないロボットアクションゲームを一つにした作品です。
正直、面白さとハマり度だけで考えたら、☆10.0だったのですが…この作品の面白さの一つである謎を明かすだけで、数十時間かかってしまうという長すぎるストーリーがネックになってしまいマイナス0.5になってしまいました(>_<)
バルド会話
(↑ヒロインじゃないのですが、かなり好きなキャラです♪)

ヒロインキャラが6人いており、Dive1 とDive2それぞれ別のヒロイン3人が攻略可能で、それぞれの攻略ルートで壮大なストーリーと謎が徐々に明かされていきます。また、Dive2 はDive1のその後の話しでは無く、残りキャラのルートが攻略可能になる…という少し変わった二部構成になっていました。
他にも、ロボットアクションゲームがハンパなく面白く、技や武器を自分でセッティングしコンボを繋げたり、大技を繰り出して敵を倒す爽快感が味わえます。また、武器&技を使い続けることにより武器&技のレベルが上がったり、新しい武器&技が使用可能になったりと、やり込み要素も含まれてます。(これ以上やり込んだら何百時間掛かるんだろう(^_^;))
バルド戦闘

そんなこんなで、時間がないと楽しむには少し厳しい作品ですね(>_<)ですが、時間がある方のは是非この面白く、そして奥深い作品を知っていただきたいです\(^o^)/
おススメ&注目作品
ここから購入出来ます ↓クリックしてね(*^_^*)

↑Xbox 360 シュタインズゲート(通常版)


↑シュタインズ・ゲート 公式資料集


↑カオスヘッド&シュタインズ・ゲート 科学アドベンチャーシリーズ マニアックス [大型本]


↑機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) 3 [Blu-ray]

個人的おすすめランキング 2009年(^O^)/
☆10.0 ランキング第一位
↑PSP 勇者30



☆9.5 ランキング第二位
↑バルドスカイ Dive2 "RECORDARE" 初回版
(発売中 在庫あり)※18歳禁


↑バルドスカイ Dive1 "LostMemory" 通常版 (18歳未満購入禁止)



☆9.0 ランキング第三位

↑DS グランド・セフト・オート: チャイナタウン・ウォーズ[18歳以上のみ対象]



☆8.5 ランキング第四位

↑PSP モンスターハンターポータブル 2nd G

FC2ブログランキング
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスカウンター
あなたは
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
PS2 (3)
Wii (8)
DS (9)
月別アーカイブ
プロフィール

鷹P~

Author:鷹P~
ゲーム大好きなダメ人間です。

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。