スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同期と蕎麦打ち(^O^)/

今回は仕事の同期メンバーの誕生日会を兼ねた蕎麦打ちを行いました(^◇^)
みんな蕎麦打ちは初めてとのことで、今回で6回目の私が中心になり、教えながら打ちました。

さすがに蕎麦だけでは…ということで、天ぷらも作ってみようということで、人参・かぼちゃ・きのこ・エビ・を購入し揚げてみました~(^v^)

すると…
購入した食材を全て揚げてしまい、こんなに大量になってしまいました(^_^;)!!
蕎麦打ち19

ソバの方は、私の指導の下同期の方々がメインで打ってもらいました。
前回は10分ほど寝かしてコシを出してみたのですが、そうすると(ラップで包んでも)水分が飛んでしまい伸ばす時に切れやすくなってしまうので、今回は寝かさずにスグに伸ばしました。

毎回の反省点である薄さに気をつけながら伸ばしました。
今回はかなり薄く伸ばせ、良い仕上がりになりました~(*^_^*)
蕎麦打ち20

そして、前回教えてもらったポイント!?
茹でる作業です(>_<)

強火で沸騰した鍋に投入し、火は弱くせずビックリ水で噴きこぼれを抑えます。
二回目のビックリ水投入後の沸騰直前に素早く上げました。

蕎麦打ち21
見た目は今までと変わらないのですが、問題はコシですね!!
この茹で方だけでコシの強さが変わるのか…

※結果※
ビックリです!!
今までで一番のコシの強さです(^◇^)!?
茹で方一つでこんなにコシが出るのか~!!!!!!

しっかりとしたコシがあり、めちゃくちゃ美味しいですよ(*^_^*)♪
今までが茹で過ぎで、コシが無くなっていたんですね。
しかし…この短い茹で方を行うには、麺自体を細く切らなければならないですね。

ここまで来ると、あとは回数を繰り返して熟練度を上げていく段階に突入した感じですね(^_^;)
他に蕎麦打ちのコツをネットなどで調べて、より高みを目指したいと思います<(_ _)>
スポンサーサイト

蕎麦打ち第五段

お久しぶりです↓<(_ _)>
一週間ほど更新を空けてしまったのは、去年の10月から初めてです(-_-;)
プライベートが忙しくゲームも足踏み状態だったので、更新できませんでしたが…
やっと更新できました(>_<)

そんな忙しい中で、第五回目の蕎麦打ちをしました\(^o^)/
今回は職場の方に御馳走するという形で作りました。

今回も7対3の割合で打ちました。
前回と違うのは、コシを出すために寝かせてみました。

今まで通りコネて、乾燥しないようにラップで包みました。
蕎麦打ち16
だいたい10分ぐらい寝かして、伸ばしてみました。
ラップで乾燥しないようにしたのですが、若干水分が飛んでしまい、伸ばすとヒビが入りやすい生地になってしまいました(^_^;)

まぁ、なんとか伸ばして、
蕎麦打ち17
細さに気をつけながら切りました(^-^)

そして茹でて完成(^O^)/
蕎麦打ち18

今回もまぁまぁの出来ですね。

※結果※
寝かせたことにより前回より、少しコシが出たように感じました。
ただ、寝かせるときに水分が少し飛んでしまうので、次回はそのあたりを考慮して水分を少し多めにしてみようと思います(^◇^)
今日、プライベートで蕎麦を打つ男性に聞いてみたら…
麺を茹でる時が、『茹でかたでコシが出るか出ないか決まる』ほど重要だと聞かされました!?
今まで全く注目していなかったポイントでした!!
話しによると、ゆで過ぎるとコチャコチャになってしまいコシが無くなるとの事。
タイミングとしては…
強火で沸騰させたお湯に麺を投入後、火を弱くせず吹きこぼれる時に「ビックリ水」で抑え、二回目の「ビックリ水」投入後に沸騰したあたりがベスト…らしい(^_^;)
教えてくれた方もハッキリとしたタイミングを分からないらしいのですが、茹でかたも重要だということを知りました<(_ _)>

次回もより高みを目指したいと思いま~す\(^o^)/

蕎麦打ち第四弾(^◇^)

今年に入って、もう四回目の蕎麦打ちですよ!?
完全に蕎麦打ちの奥深さにハマってしまいました(>_<)

今回は、前回の反省というか改善点であった麺の細さに注意しながら打ちたいと思います。
また、今までの6(そば粉)対4(小麦粉)ではなく7対3に挑戦します。

基本は今までと同じです(^_^;)今までと違いそば粉が多いのでまとまりが悪いかと思ったのですが、そんなことは無くしっかりまとまりました(^◇^)
前回、量が多く伸ばすのに板の幅が足りず、思ったほど薄く出来なったので、今回は二つに分けて伸ばしました。

ここにきて新たな蕎麦打ちの難しさにぶつかりました!!
思ったようにキレイに伸ばせず、変な形に伸びてしまう(・。・;
自分では右手と左手にかける力を均等にしているつもりなのですが、どうも力の入れ方に偏りがあり思ったように伸ばせない(-_-;)
キレイに伸ばせないと切るときに、短い部分が多く出来てしまうんですよ。
まぁ、まだ四回目ですしこれからコツをつかんでいこうと思います。

薄さは申し分ない感じになり、頑張って切りました(^-^)
蕎麦打ち14
前回からちゃんとした打ち粉を使っているので、くっつく心配がありません。
なんか、蕎麦っぽい感じですよね♪実際蕎麦なんですが(^_^;)

そして茹でて完成です\(^o^)/
蕎麦打ち15
良い感じに出来上がりました♪

※結果※
今までで一番蕎麦って感じで美味しかったです(*^_^*)
正直、誰かに御馳走してもいいぐらいになりました。
今回は、麺も良かったのですが、麺つゆがかなり美味しかったですね!!
今までは、醤油・砂糖・みりんで作った「かえし」を寝かせずに出し汁で割っていたのですが、今回は少し寝かしてみて使用してみました。
するとどうでしょう!?めちゃめちゃ美味しいじゃないですか!!
今までのかえしにあった角が取れたような、丸みのある深い味になっているではありませんか。少し寝かせただけでこんなに味が変わるのにビックリです(>_<)

ただ、麺が想像していた以上にまだ太いです。
切るときにもっと細くなるようにしないとお店に出てるような感じにはならないんですね…

他にも麺にコシがあまり無かったです。
小麦粉を3割入れているのに何でだろう?…と思い、次の日に職場のオバ様にアドバイスをもらうと、「もう少しコネて10分ぐらい寝かせた方がいい」という助言をいただきました。
確かに、うどんはコネた後に寝かしてコシを出すので、小麦粉3割入っている蕎麦でも効果がありそうですね(^-^)

でも、一回目に比べるとビックリするぐらいの違いですよ(^_^;)
ここまで美味しくなるとは思っていませんでした。

次回も、今回の反省を生かして、より美味しい蕎麦を打ちたいと思います<(_ _)>

続・蕎麦打ち

今回で三回目の蕎麦打ちになります(^-^)

今回のポイントは、前回の失敗である茹でた時に麺がくっつかないようにすることです。
改善策として打ち粉を小麦粉から市販されている打ち粉に変えて作ってみようと思います<(_ _)>

一回目・二回目と、小麦粉とそば粉の量と配分は同じだったのに、投入した水の量が違ったので、今回は計らずに状況に応じて水を入れていきたいと思います。

さすがに三回目となると、まとめるのも上手くなっているのか早くまとめられました。
蕎麦打ち10
でも、いまだに分からないのが「硬さ」です。
耳たぶの硬さとは言われていますが、ハッキリとした硬さが分からず、疑問を抱きながら今回もコネてみました(^_^;)
ちなみに水は、ハッキリしませんが250ccぐらい入れました。

今回使用した打ち粉は、蕎麦打ちセットに入っていたものを使用したのですが、
蕎麦打ち11
原材料に蕎麦と書いており、前回調べた通りでした。
つまり打ち粉を買わなくても、そば粉で代用してもいいみたいですね(*^_^*)

そんなわけで、最終兵器「打ち粉」を使用し…伸ばし・切りました。
蕎麦打ち12
ただ今回は前回と違い、二つに分けて伸ばさなかったので、あまり薄くなっていないのに板一杯になってしまい中断する羽目に(-_-;)
でも、切っていると分かるのですが、麺と麺が全くくっつかない(>_<)!!
これは期待できますよ。

そして湯を一杯にはった鍋に投入。
すると、投入後から違いました(^O^)/全然麺がくっつかずバラけています!!
ゆで時間も4分程度と前回までとは大違い(>_<)♪
蕎麦打ち13
今回は期待できる完成度です。
やはり打ち粉が原因だったんですね。

※結果※
前回までとは段違いですね。
やっと蕎麦になりました(^_^;)
ただ伸ばしがしっかり伸ばせなかったので太めになってしまいましたが、味は美味しくコシも意外にありました(^-^)

ただ、お蕎麦屋さんのように長い切れない麺がどうしても打てませんね(-_-;)
前回までと違い、改善策が全く浮かびません(^_^;)
やはり回数を重ねないとダメみたいですね。
…蕎麦打ちは奥が深い!!
今後は6対4を7対3に変えて打ってみたいと思います\(^o^)/

リベンジ蕎麦打ち

前回、初のそば打ちに失敗したので、Theリベンジです(>_<)
今回はコネをしっかり行いたいと思います。

量は前回と同じ、そば粉6割と小麦粉4割で作りました。
卵を溶いた卵水を今回は200cc用意し、足し用の水をコップ一杯用意しました。この足し用は、コネながら様子を見ながら入れる調整用です。
蕎麦打ち6
前回と違うそば粉を使用したからなのか?今回は、卵水200ccのみという前回よりも少ない水の量でまとまりました。

その後、経験者からのアドバイスであるコネを重点的に行い、粘りが出るまで・・・
コネ・コネ・コネ・・・の作業(;一_一)!!
10分近くコネる作業を行い、あまり変化が見られないため終了<(_ _)>

今回は、良い感じにまとまり、伸ばしやすいように二つに分けてみました(^O^)/
蕎麦打ち7
それを、出来るだけ均等に薄く伸ばしていきます。

前回には無かったコネのおかげで?伸ばすのもラクに行えました。
そして、切る作業。
前回はうどん並みの太さになってしまいましたが・・・今回は細さを注意しながら切っていき、なかなかの出来栄えになりました。
蕎麦打ち8

そして、ゆでて完成!!
・・・とは、いかないみたいです\(゜ロ\)(/ロ゜)/

なんと、ここに来て問題発生!!!!
順調にきていたのですが・・・ゆでてみると麺がくっついてしまい再びうどんに変身してしまいました(>_<)

打ち粉が足りなかったのか?と思い、二個目を伸ばす際は打ち粉を多く使用しました。
しかし、くっついてしまう現象は治まらず、くっつかないようにかき混ぜたら麺が切れてしまいました・・・
蕎麦打ち9

でも、前回よりはマシな蕎麦が完成(^_^;)

結果
くっついてしまった蕎麦は茹で上がっておらずボソボソ(;一_一)
しかし、くっつかなかった細い麺はとても美味しく、蕎麦の風味がしっかり出ていました。

最後のゆでの時に、くっついてしまうのは水分が多かったのか?それとも切ってからすぐに茹でなかったのが悪いのか?分かりませんでしたが。
少し調べてみると、原因は打ち粉かもしれない・・・と判明!!

私は、打ち粉に小麦粉を使用していたのですが、これがくっつく原因かもしれません。
打ち粉とは小麦粉ではなく、蕎麦の一種らしく。お店で「打ち粉」として販売しているみたいです。
経験者の方の話では、打ち粉のかわりにそば粉を使っているとの事。
一難さってまた一難・・・蕎麦打ちは奥が深い(*^。^*)

次回は、この反省を生かして、より美味しい蕎麦を打てるように頑張りたいです<(_ _)>
おススメ&注目作品
ここから購入出来ます ↓クリックしてね(*^_^*)

↑Xbox 360 シュタインズゲート(通常版)


↑シュタインズ・ゲート 公式資料集


↑カオスヘッド&シュタインズ・ゲート 科学アドベンチャーシリーズ マニアックス [大型本]


↑機動戦士ガンダムUC(ユニコーン) 3 [Blu-ray]

個人的おすすめランキング 2009年(^O^)/
☆10.0 ランキング第一位
↑PSP 勇者30



☆9.5 ランキング第二位
↑バルドスカイ Dive2 "RECORDARE" 初回版
(発売中 在庫あり)※18歳禁


↑バルドスカイ Dive1 "LostMemory" 通常版 (18歳未満購入禁止)



☆9.0 ランキング第三位

↑DS グランド・セフト・オート: チャイナタウン・ウォーズ[18歳以上のみ対象]



☆8.5 ランキング第四位

↑PSP モンスターハンターポータブル 2nd G

FC2ブログランキング
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスカウンター
あなたは
検索フォーム
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カテゴリ
PS2 (3)
Wii (8)
DS (9)
月別アーカイブ
プロフィール

鷹P~

Author:鷹P~
ゲーム大好きなダメ人間です。

リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。